稲毛民間航空記念館 稲毛海岸の民間飛行場の歴史を後生に
稲毛民間航空記念館 民間航空史
稲毛民間航空記念館 民間航空史
1911(明治44)年5月 奈良原三次設計・操縦の奈良原式2号機、所沢で国産機として初飛行
1912(明治45)年3月 奈良原式4号機「鳳」号完成。所沢で試験飛行
4月       奈良原飛行団、飛行展示会開始。川崎競馬場「鳳」号有料飛行会開催
これは日本人初の有料飛行会で、白戸榮之助は民間操縦士の先駆けとなる
5月 奈良原三次、稲毛海岸に干潟利用の日本初の民間飛行場開設
1915(大正4)年 1月 伊藤音次郎が伊藤飛行機研究所設立
1916(大正5)年 1月 伊藤音次郎が伊藤式恵美1型で稲毛から海上を飛び、帝都(東京)訪問飛行に成功、往復55分
9月 白戸榮之助が白戸協同飛行練習所を稲毛で設立
12月 白戸榮之助が千葉寒川に移転、白戸飛行練習所と改称
1917(大正6)年10月 台風の高潮により、稲毛海岸の飛行場壊滅、伊藤が鷺沼海岸(現在の習志野市)に移転し、稲毛海岸の航空事業が終了
▲ ページトップへ

【稲毛で活躍した人々】
奈良原三次(1877―1944)
 

奈良原三次
(1877―1944)

奈良原三次は、1877年(明治10年)2月11日、今の鹿児島市高麗町に奈良原繁の二男として生まれました。父の繁は、島津藩士で幕末の志士として活躍し、明治になってからは、静岡県令、宮中顧問官、沖縄県知事を歴任し、1896年(明治29年)には男爵を授けられています。

三次は1904年(明治37年)の夏、第六高等学校在学中、父の任地沖縄へ船で行く時、ものすごい濃霧に襲われ、これの透視には気球を研究しなければならないと思ったのが、航空に志す第一歩であったそうです。

1908年には東京帝国大学(現、東京大学)工学部造兵科を卒業して、海軍を志願し海軍少技士に任官して、横須賀海軍工廠造兵部に勤務するかたわら、木村駿吉理学博士の指導で飛行機の研究を始めました。
たまたま新編成の臨時軍用気球研究会に任命されてからは、一層その研究に拍車がかかったそうです。

1910年(明治43年)10月には、自ら設計した奈良原式1号機を自費で完成しましたが、エンジンの馬力が足らず、戸山ヶ原(東京)での試験飛行は、地上滑走で終わってしまいました。
第2号機は、翌年5月5日に開設したばかりの陸軍の所沢飛行場(埼玉県)で、自らの操縦により高度4m距離60mの飛行に成功しました。この時、奈良原三次は軍籍を離脱しており、その製作費も奈良原の自費であったので、この飛行が国産民間機の初飛行となったのです。

その後、白戸榮之助、伊藤音次郎らを養成し、1912年(明治45年)4月奈良原式4号機 「鳳号」による有料公開飛行等に成功した奈良原は、5月に千葉・稲毛海岸の干潟を飛行場とし、ここを本拠地として全国で巡回飛行会を催しました。稲毛が民間航空発祥の地といわれるのは、この事実によるものです。

1913年(大正2年)末には、奈良原は他の事業を起こすべく航空界から姿を消していましたが、1930年(昭和5年)に津田沼(現習志野市)の日本軽飛行機倶楽部の会長に就任し、銀紙飛行機献納運動、グライダーの普及発達に尽力し、よく後進の指導・育成に努力するなど、全生涯を航空の発展に捧げました。 
 
白戸榮之助(1886―1938)
 

白戸榮之助
(1886―1938)

白戸榮之助は、1886年(明治19年)11月12日、今の青森県北津軽郡金木町に生まれました。
1906年12月陸軍の気球隊に入り、1910年軍曹で退役しましたが、所沢飛行隊長徳川好敏大尉の推薦で、奈良原三次のもとで操縦士として教育を受けることになりました。その練習機は、奈良原式1号及び2号機でしたが、いずれも同乗教官などおらず、徳川大尉の口伝による教育が唯一のものでしたから、その技量の向上には、大変な努力を必要としました。

1912年(明治45年)4月、川崎競馬場で催された有料公開飛行会で、白戸榮之助は奈良原式4号機 「鳳号」を操縦してわが国民間操縦士第1号の名声を得、続いて5月11日青山練兵場(東京)で、時の皇太子殿下(大正天皇)、皇孫殿下(昭和天皇)の台臨飛行を行って大成功を納めました。さらに5月末には奈良原三次の提案で、千葉・稲毛海岸の干潟を利用した飛行場を本拠として、ここに移動し、教官として伊藤音次郎を教育しました。

1912年(大正元年)10月から翌年11月にかけては奈良原式鳳号で、中国・九州・四国・朝鮮・北海道・東北等全国の都市で巡回飛行を行い、飛行機とはいかなるものかを普及してまわりました。

1916年(大正5年)12月、白戸はそれまでの本拠であった稲毛を離れ、千葉町(現千葉市)寒川新宿に白戸飛行機練習所を開設し、専ら飛行士の養成に努めました。その後、シベリア出兵による召集で、1918年8月より翌年2月まで千葉を留守にしました。その間は、はつ夫人と一番弟子の高橋信夫により練習所は運営されました。

1923年(大正12年)1月11日から開始された朝日新聞社主催の東西定期航空会には、白戸・伊藤両飛行機練習所の飛行機・飛行士が参加。それまでの巡回飛行や飛行士育成のみだった状態からの発展を目指しましたが、2月22日の第7回目の飛行で白戸の愛弟子・島田武男飛行士が、吹雪に遭って箱根山中で殉職してしまい、さらに4月28日には白戸が右腕とたのむ高橋信夫飛行士が、練習生の操縦で飛行中、操縦のミスから失速して、登戸海岸(千葉市)に墜落し亡くなってしまいました。
このような状態から、白戸榮之助は心ならずも航空界から引退することを決意し、同年10月には木工業に転職しました。
 
伊藤音次郎(1891―1971)
 

伊藤音次郎
(1891―1971)

伊藤音次郎は、1891年(明治24年)6月3日、今の大阪市南区恵美須町に生まれました。
1908年(明治41年)11月、道頓堀の朝日座でライト兄弟の映画を見てから飛行家になりたいと思い、1910年には奈良原三次に手紙を書いて、翌11年5月に上京して奈良原のところに弟子入りしています。その後、奈良原式2号・3号・4号機の製作を手伝い、奈良原が稲毛の干潟飛行場に本拠を構えた時は、 白戸榮之助教官・伊藤音次郎練習生という関係になっていました。

1915年(大正4年)2月には独立して、伊藤飛行機研究所を創立し、白戸榮之助のために飛行機を作ったりしていました。同年9月から作りはじめた「恵美号」で、翌年1月8日、民間機としては初めての帝都(首都東京)訪問飛行に成功。一躍、飛行家として有名になりました。

1917年(大正6年)10月1日の高潮で稲毛の施設が壊滅した後、伊藤は津田沼町鷺沼(現習志野市)に適地をみつけて、翌年4月ここに移転、規模を拡充して民間航空界の先達として活躍しました。そして朝日新聞社の東西定期航空会には、乗員・機材をあげて参加したほか、優れた飛行士や飛行機を送り出しました。

1930年(昭和5年)には日本軽飛行機倶楽部を設立して、奈良原会長と共にわが国の軽飛行機の普及に貢献し、さらに1934年頃から盛んになり始めたグライダーの試作・発表に、毎日新聞社の日本帆走飛行連盟と共に大変な努力をしました。

1937年(昭和12年)末には伊藤飛行機株式会社と組織を改めて、その活動は航空工業の分野にも及びましたが、1942年には日本航空工業株式会社と合併し、常務取締役として航空機産業に活躍しました。

終戦とともに成田の恵美農場主となって開墾に従事していましたが、その農地が新東京国際空港(現・成田国際空港)敷地にかかると、用地売却契約第1号となりました。

1971年(昭和46年)には「民間航空発祥之地記念碑」建設委員会の代表となり、その昔、自分たちが飛行した稲毛の干潟、千葉市稲岸公園に民間航空発祥之地記念碑を建立しました。
▲ ページトップへ

【稲岸公園 「民間航空発祥之地記念碑」】
国道14号を挟み、稲毛浅間神社の斜め前に稲岸公園という比較的大きな公園があります。周辺は、中高層住宅に囲まれ、埋め立て地という人工的な街の中に緑のオアシスを提供しています。この公園の一端に、翼をいっぱいに広げ大空に向かって今にも飛び立つような記念碑があり、それに寄り添うように松の木が、植えられています。

記念碑は、1912年(明治45年)5月に奈良原三次男爵によって、この地に日本初の民間飛行練習場が開設されたことを記念して、1971年(昭和46年)7月につくられました。

開設当時、教官・白戸榮之助氏の操縦で、「鳳号」(複葉式50馬力)が、大空高く舞いました。
その後、1916年(大正5年)1月、伊藤音次郎氏により自家製飛行機「恵美号」が帝都訪問飛行に成功し、大きな話題を呼んだのです。この様子を、当時の東京日々新開は「千葉県稲毛海岸なる日本民間飛行研究会の飛行場にて、昨8日、新造複葉トラクターに、伊藤音次郎氏(25歳)搭乗して、第1回の帝都訪問・・・」と紹介しています。
しかし、初期民間航空界の拠点であったここは、1917年(大正6年)9月の台風による高潮で壊れた為、5年にしてその幕を閉じることになりました。寄り添うように植えられた松は、アメリカ、ノースカロライナ州、キティ・ホーク産で、この地は、人類初の飛行士として有名な、ウイルバー・オービルのライト兄弟が、松の緑の濃いこの地の丘から、初飛行に成功した地として知られています。
この松は、1960年(昭和35年)徳川好敏陸軍中将らの日本初飛行50周年を記念し、苗木と種を、ノースカロライナ州知事が携えてきたものです。この種の一部を、伊藤音次郎氏が分けてもらい、現在は成田国際空港となってしまった自宅の庭で育てた苗木を、1970年(昭和45年)6月に植樹したものです。

現在、周辺はすっかり埋め立てられ、中高層住宅の建ち並ぶ稲毛海浜ニュータウンとなっていますが、明治の昔、この地に飛行練習場が開設され、複葉機が大空へはばたいたことは、白砂青松の浜と共に、今ひとつ昔の稲毛海岸を彷彿させるよすがとなりましょう。
民間航空発祥之地記念碑
MAP
▲ ページトップへ

 

リンク

指定管理者 公益財団法人千葉市スポーツ振興財団 稲毛民間航空記念館
〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2番2号 TEL.043(277)9000 FAX.043(277)9000

Copyright chibacity sports promotion foundation all rights reserved